img

賃貸事務所を横浜で探しているなら

賃貸事務所を横浜で探しているなら、新耐震基準をクリアした構造の物件を選んではいかがでしょうか?地震災害は将来の予測が非常に難しいこともあり、常時最大限できる限りの地震対策を打っておきたいものです。建築基準法は数回の改定を実施していますが、新耐震基準と言われるのは1981年に改定されたものを言います。事務所を選ぶ際はこの新基準に適合したものが安心できます。一点だけ、改正後間もなく工事完了した物件の場合、古い法基準が適用されている可能性があるため注意しましょう。

事務所を使っていて更新時期を初めてする前に、気をつける点を確認しておきましょう。もしも引き続いて利用をしたい時は、事前に契約は自動更新なのか、契約更新の事前連絡をしなければならないのか調べておきましょう。更新時には大抵、月々の賃借料とは別個に更新料や事務手数料が発生します。不動産業者によるでしょうか、およそ2ヶ月分の賃借料の額であるケースが主流のようです。さらに、契約を更新する時には次の更新までの期間の家賃の額の改定が法律で認められている為、賃料が変わっていないか押さえておくことが大事です。

img事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。

事務所の便利な点は、内装を好きなようにアレンジできるというところでしょう。工事コストはかかりますが、事業のイメージやあなた方の使い方にぴったりのレイアウトを設計することができるわけです。費用面で厳しい場合、居抜き店舗でそのまま利用できそうな内装の事務所が見つかれば、内装工事抜きで事務所として使えます。こうすると高い改装工事が省かれるので、かなりのコストダウンができます。その他のやり方として、家賃は割高になるものの、スポットでの利用のみならレンタルスペースを利用するというアイデアもお得です。