img

賃貸事務所を神戸で選ぶ際は

賃貸事務所を神戸で選ぶ際は、耐震構造が十分にある物件に注目するようにして下さい。昨今の震災対策意識の向上から、救命を左右する耐震設備は賃貸事務所にも今の時代には必須条件と言えるでしょう。さらにまた、一定以上のオフィス街であればビルが隣接して建てられ、交通網の麻痺に起因する混乱も相まって、地震後のリスクはより高いでしょう。万が一の時の為に備えて、そして、あなたの会社の信用性を高めるためにも耐震性のある事務所を選択することは非常に優先度が高いと考えられます。

事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。

img事務所を借りる時のイニシャル費用にはどのようなものがあるか整理しましょう。礼金・敷金・仲介手数料などの費用は住居用の物件と同じですね。事務所独特の費用には他の入居者やビルの所有者に損害を与えた場合のための保険や家賃滞納に対する賃貸保証の費用が考えられます。場合によっては、社名のプレートなど、エクステリアを変える場合にはその工事コストも見込んでおきましょう。物件のオーナーによっては請負業者が決まっているので確認しておきましょう。

事務所の長所は、内装を自由自在に変えることができるという点でしょう。内装工事費はかかるものの、事業のイメージやあなた方のスタイルに最適な内装レイアウトを変えることが可能なのです。一方、居抜き店舗でうまく使えそうな内装の事務所が見つかれば、工事をせずに事務所として使えます。この場合だと高額な改装がいらないので、十分なコスト削減が実現します。それ以外の案として、賃料はやや高めですが、短期間の使用だけならレンタルスペースでしのぐ方法でもお得でしょう。